sahoux

trio personnel 20120908

TAMARU (bass guitar)
1963年東京生まれ。音響構成および即興/非即興演奏による活動。非日常的な情感との邂逅を志向。音源発表はzero gravity、trumn、および自主レーベルからソロ作品、吉田アミ1st「spiritual voice」のプロデュース、headzから横川理彦、杉本佳一と結成した「installing」の作品リリースなどがある。近年はノンエフェクトの独創的な倍音奏法によるベースギター演奏に専心。
http://www.sahoux.net
 
横川理彦 YOKOGAWA TADAHIKO (violin)
1957年鳥取生まれ。1982年「99.99」でキングレコードからデビュー。その後「4-D」「P-Model」「After Dinner」「Metrofarce」等に参加。電子楽器と各種生楽器を併用する独自のスタイルに至る。即興を中心とするライブ活動、演劇・ダンスのための音楽制作など、国内外で多方面に活動中。コンピュータと音楽に関する執筆、ワークショップなども多い。近年は再始動した「4-D」の活動が注目されている。
http://4dmode1.jp
 
SAWAKO (electronic sound)
名古屋出身。東京とニューヨークに6年ずつ在住後、ノマディックに活躍中の音響作家・メディアアーティスト。12k、and/OAR、Anticipate Recordings、scholeなどのレーベルからCD作品をリリース。デジタル技術を用いながらオーガニックで瑞々しい世界感を紡ぐ作風が評価・支持されている。各地でサウンド・ビジュアルパフォーマンスを展開する他、大学等におけるシンポジウムへの参加も多数。
http://www.troncolon.com


TAMARU - YOKOGAWA TADAHIKO - SAWAKO : trio
 「蝸牛管回廊で逢った人たち」

sahoux