sahoux

JAZZBED

jazzbed


「解体的交感」の99年CDには「《1》でも《3》でもなく《2》であるとはどういうことか?」と題した佐々木敦さんの解説が添えられている。《3》が現れたのである。しかし「JAZZBED」には、その3か月前に録音された「交感」に刻まれた頑ななまでの解体への意思は、もはや感じられない。ということが書けるのは、今回20年ぶりに「解体的交感」を聴き返し、比較したから。購入時に聴いたきりで、その後は聴いたという記憶承認だけの「交感」体験。「JAZZBED」が発売されなければ、二度と聴き返さなかったかも知れない。

しかし聴き比べは自分が試しに実行したまでで、もちろん「JAZZBED」は独立した価値を持つ演奏の記録だ。「解体的交感」とは別種の音楽を志向していると思うし、集団/漸次投射といった言辞も却って「JAZZBED」の味わいを捉え損ねる気がする。むしろ「烈日と夕景」とでも言いたくなるような、昭和の郷愁みたいなものを個人的には覚えた。

打楽器というのは、それがテンポや拍を示していなくても、やはり時間を意識させる音の担い手なのだろうか。静止状態が続いているような高密度のノイズ運動体による「交感」から、景色が大きくうねって動き出したのは、打楽器を加えてトリオになったからなのか、それ以前に高柳・阿部に起きた変化か。

「JAZZBED」トリオの特色は、音を出す衝動の分かち合いにあると思う。そして本作はモノラル音源とのことだが、三人の演奏に奥行きが感じられる。録音テープの「よれ」なのか、モノラルなのに時々音像が左右に揺れる。1曲目の終わりのところ、まるで阿部が立ち歩きながら演奏しているようだ。1曲目の最後はブツ切れ。しかしリバーブが余韻を引く。今回の音源化作業での処理だと思うが、いい効果だ。2曲目の終わり、拍手の音からすると観客は7、8人くらいか。

tamaru

アート・死・鎮魂

4年に一度の2月29日、初めて降りる京王線代田橋駅。言水ヘリオさん、福家由美子さん、加藤裕士さんによる展示「ダイアリーソング」の最終日前日。17時から展示会場でトークイベント。

いつもの悪い癖で、目の前で行われているトークと並走するように自分の思念が拡がり漂い、あまりに個人的な想いでテーマ的に重なりはあっても場として共有できるか判らず、口を開かないまま帰ってきた。「アートと死・鎮魂」について、三つの想いが浮かんだ。

一つには、遺体の怖さ、動かなくなったものへの畏怖。それを避けて鎮魂に至ることが自分にはできないということ。だから自分には表現行為における鎮魂の意識というのは、よく捉え切れないのだが、自分事として考えるならば、死を抽象化する前に怖さに向き合う、言わば「アートが要請する喪の仕事」といったものが必要なのではないか。

二つ目は、昨日観た展示内容に限らず、実は自分はしばしば展示というものを「遺作」として捉えているところがあるということ。つまり展示という行為は、作者と作品を生命的に切り離す行為であり、そこは例えば演奏行為などと大きく異なる点だと思っている。

三つ目として、やはりアートを通した死の捉えということでは、アンディ・ウォーホルのことをもう一度よく考えてみたい気になった。この件はかつて椹木野衣さんの鋭い論考などもあったし、略。

tamaru

名古屋・浜松ツアー

2月フライヤー表

キャプチャ2


コロナウイルス忍び寄る2020年2月15日午後、増渕顕史さんと品川から新幹線に乗って名古屋へ。演奏2日間、凝縮した楽しさでした。ご来場の皆様、スキヴィアス服部さん夫妻はじめ関わってくれた全ての方々に感謝。宮原照和さん伊藤大樹さんの気高い音の清流、素晴らしかった。

思い返すと、この2日間自体は楽しかったんだけど、行く前の仕事の過密が心底キツかった。終わらない終わらない作業。睡眠不足で体力限界。本当にツアーなんて行けるのかなという重圧感。

こういうふうに2日続けて演奏する機会、自分は滅多にないことで、これは、前日の演奏を反省して手馴れてくるというより、少し遠視的な捉え方が自分の中に生まれてくる気がした。でも終わると、やはり消えてしまう。増渕さんは全ての演奏を録音し、聴き返しているそうで、スティーヴ・レイシーと同じだ。本当はそれを自分もやるべきなんだろう。ただし結構つらい作業だと思う。終わったことに向き合うつらさと、あと録音のこと考えると用意や操作も含めて、演奏の気が散るから。

だから、音に向き合うとか演奏に向き合うとか言いつつ、実は自分の中の残像だったり、さまよい揺らぐ思念を相手に、向き合っているような気分というのがある。すると充足していかない。捉えどころのなさ、そこがいい、というふうに自分は思えないし、はっきり言って演奏は生き方と切り離した方がいい。

宮原照和さんの音の見詰め方、丁寧な紡ぎ方。伊藤大樹さんの音楽への意思、太くしなやかに変幻する描線。多くの人に知ってほしいし、その機会はあると思う。それにしても伊藤大樹さん。会場に現われた彼を一目見て、私はその佇まいから来る印象に、演奏を聴く前から信用してしまった。

tamaru

インプロ

インプロビゼーションのことを「インプロ」って言う人がいるけど、あれは言わない人は言わない。まるで二種類の人間がいるみたいに、はっきりと。あれは何故だろう。実は自分も「インプロ」とは全く言わない。何故だろう。何だか略したくないものがそこにある。

tamaru

分かち難く

音色は、演奏のテンポと分かち難く結び付いている。
動きの少なさは、表現とその目的に、身体の構えというものが。

tamaru

祈ること

自分の可能性の拡がりを信じる自由はあるが、若い人たちと同じようには力を発揮できない自分がいるというのも事実だ。変化を見詰めながらやっていくことが大事になる。年寄りには祈りという仕事もある。

tamaru

mild box

mildboxmaking1

mildboxmaking2

mildboxmaking3

mildbox

mildboxQ&A


10連休に円盤で開催中の「楽器フェア」に自作エフェクター「mild box」を出品。自作エフェクターは、2017年1月の円盤楽器フェアに出品した「dark mirror」に続く第2弾。sahouxブランド製品てことになるかな。

「mild box」は、音にまろやかさと精妙な変化を与えるという触れ込みにした。その秘密は、チップ側をドイツLAPP製18AWGのゴツい撚り線でつなぎ、スリーブ側に炭素塊をぶら下げた独自構造にある。

tamaru

即興的な演奏におけるダイナミクスの解像度

このところ自分の演奏に備えたい要素として、口下手まる出しに「伴奏感覚」「伴奏的な感じ」と言ってきた事柄について、一旦まとめておく。

即興的な演奏、特にノンイディオマティック志向の中では、音色にその質を問う姿勢がおおむね自己モデルとして適う、と感じてきた。しかし昨年くらいから、「音色が呼び交わすフラットな拡がり」の先にある豊かさを捉え、そこに向かいたい気分が熾ってきた。

その豊さの所在の一つとして感じられるのが、ダイナミクスの解像度というテーマで、これには音色の問題も含まれてくる。(ダイナミクスの振幅でなく、解像度であることを強調したい)

すなわち音の表情の細やかさから生じる心の動きを、即興的な演奏は聴き手とどのように分かち合えるか、というテーマである。

ここで一つ、即興的な演奏の場合、ソロに比べて集団演奏の方が、ダイナミクスの解像度は低下しやすいだろうという考えが浮かぶ。全体のダイナミクス(の高解像度化)に寄与する動きが、個々の即興性やノンイディオマティック志向によって制限されるから。

それを打開する方向性として、自分なりに「伴奏感覚」「伴奏的な感じ」を備えたいと、稚拙な言葉で表現していたのだと思う。

そして考えを進めるならば、この「伴奏感覚」「伴奏的な感じ」は、集団即興だけでなくソロ演奏においても意識すべきテーマとなる。なぜならば、ソロ演奏においても「その音楽が備えるべき」ダイナミクスの解像度への寄与、という課題があるはずだから。

tamaru

acoustic bass (guitar)

acoustic bass (guitar) を画像検索すると、特に海外の楽器でユニークなデザインのものが出てくる。そのユニークさは、ギターサイズでベースらしい低音を出そうという試行錯誤によるところが大きいのだろう。動画で聴く限り十分な成果につながっている例は少ないようだが、楽しいからいいじゃないか。この年末年始は、そんな過ごし方だった。

楽器の設計・造形は、ビルダーそれぞれが独自の理論あるいは伝統的な理論を究めたものだと思うけど、理詰めだけではなくて、そこから外れた飛躍がある楽器が面白い。それこそが人の剥き出しの夢というものでしょう。

tamaru

自分ザニューチャプター

ジャズザニューチャプター人気からはるか遠く、ひっそり自分ザニューチャプターへの更新を果たした今年。いや、更新が身に降りかかってしまったというのが正しい。これは止むに止まれぬもので、10月に自分の楽器をアコースティックベースに改造し始めるまで、変化の年になるとは全く思わなかったのだ。

音にまつわる出来事として、今年の大きなトピックスは「anoxia」「Permian」という、志あるスモールスペースの始動だ。しかし「anoxia」と「Permian」は、ほぼ同じタイミングで生まれながらも性格がかなり異なると思うので、「anoxia」については別の機会に述べたい。

「Permian」の革新は、音の「送り届け」を至近で受ける特異体験を客席10名の鎮静的劇場として成立させたこと。これに尽きる。それは、スモールスペースの先駆である「OFF SITE」「loop line」から「Ftarri」「OTOOTO」が引き継いだ要素の、さらに先にあるものだろう。

個人的には「Permian」における「送り届け」を目の当たりにした時、「鳴らし/聴こえ」といった言葉でさえも、その高踏から逃れたいと感じさせるものとなった。たぶん、これが自分ザニューチャプターの背景だと思う。

tamaru
sahoux